コンテンツへスキップ

パーソナルカラーアナリストってどんな仕事?

カラーの仕事にはいくつか種類があります。

モノや空間のカラープランを考えて提案するカラーコーディネート

カラーコーディネートの中でも肌色とファッションに特化したパーソナルカラー

色の心理効果やイメージを利用してメンタルケアや悩み相談をするカラーセラピー

色彩学や色彩文化や資格講座などを教えるカラー講師

ほかにも、
文化や民俗学などから色彩を研究している方や
染色家、テキスタイルデザイナーさんも色のお仕事と言っていいと思いますし、
色彩関連の企業には色料や色材を作る専門家の方もいらっしゃったりしますが、

今回はフリーでやっている人が一番多い、カラーコーディネーターパーソナルカラーコンサルタントカラーセラピストカラー講師について書いていきます。

今回は、 パーソナルカラーアナリスト のお仕事です。

パーソナルカラーアナリストやパーソナルカラーコーディネーターなども仕事内容は同じです。(パーソナルカラーについては「パーソナルカラーとは?」をどうぞ)

パーソナルカラーコンサルタントは、個人のファッションに特化してカラーコーディネートの提案をします。

色使いで、お客様の外見的な魅力を引き出すことが主な仕事です。

パーソナルカラーは、数あるカラーの仕事の中でもお客様からのニーズも多く、人気が高いですし、受けがいいです。

個人のお客様はもちろん法人の方からも興味を持って頂きやすいので、
社員研修の依頼を受けることができたり、カルチャースクール、イベントなどでも比較的、案が通りやすいように思います。

また、パーソナルカラーの分野は、骨格診断、顔立ち分析、フェイスストレッチ、立ち振る舞いのアドバイスなど、

印象をトータルで提案するイメージコンサルタントとして活動している方もたくさんいます。

パーソナルカラーはプラスアルファで仕事の幅を広げていきやすいと思います。

パーソナルカラーを仕事にしたいと思ったら、まずは基本となる色彩学をしっかり学びましょう。
そのあとに、パーソナルカラーの専門的な勉強をしていきましょう。

パーソナルカラーでカラーを提案することは、意外と難しいです。

「肌がキレイに見える」だけでは診断できないパターンや要素がたくさん絡んできますし、
鏡越しでお客様と自分の姿をずーっと見ながら進めていく作業なので、自信がない診断はお客様にすぐに見抜かれてしまいます。

しっかり学んで、練習して、診断に自信を持てるようになることも大切です。

パーソナルカラー関連記事を読む

パーソナルカラーとは?

パーソナルカラー診断のお申込はこちら