コンテンツへスキップ

カラーコーディネーターってどんな仕事?

カラーの仕事にはいくつか種類があります。

モノや空間のカラープランを考えて提案するカラーコーディネート

カラーコーディネートの中でも肌色とファッションに特化したパーソナルカラー

色の心理効果やイメージを利用してメンタルケアや悩み相談をするカラーセラピー

色彩学や色彩文化や資格講座などを教えるカラー講師

ほかにも、
文化や民俗学などから色彩を研究している方や
染色家、テキスタイルデザイナーさんも色のお仕事と言っていいと思いますし、
色彩関連の企業には色料や色材を作る専門家の方もいらっしゃったりしますが、

今回はフリーでやっている人が一番多い、カラーコーディネーターパーソナルカラーコンサルタントカラーセラピストカラー講師について書いていきます。

 

今回は、 カラーコーディネーターのお仕事です。

カラーコーディネーターは、
デザインされた製品の「色の組み合わせをプランニング(=カラーコーディネート)」
をする人です。

(カラープランナー、カラーコンサルタントなども、呼び方は違いますが、やることはカラーコーディネーターと同じです。)

カラーコーディネーターが仕事をする分野は、ファッション、インテリア、エクステリア、プロダクト、フードコーディネート、フラワーコーディネート などなど、多岐に渡ります。

カラーコーディネーターの仕事は、デザインと結びつけて考えられがちなところがあるのですが、実は、

「カラーデザイン」と「カラーコーディネート」は似ているようで違うんです

デザインは 「作る」作業、

コーディネートは 「組み合わせる」作業

です。

カラーコーディネーターの主な仕事は、
デザインされた製品の「色使いを考え、組み合わせを考え、提案する」
こと。

たとえばインテリアの分野では、

インテリアショールームなどでたまに、建材(壁材や床材)や建具(ドアや窓)の相談を受けるカラーコーディネーターさんを置いているところがありますが、

建材や建具のほかにも、ソファ、クッション、カーテン、ラグ、テーブル、椅子など家具や小物も含めて

トータルでコンセプトやイメージを決め、それを表現できる色使いやテイストを提案します。 

近年は色がもたらす心理効果への関心がとても高まっているので、
医療や福祉の分野でカラーデザインを求められることも少なくありません。

カラーバリエーションを特色として打ち出したい製品の企画などでは、
デザイナーとは別にカラーコーディネーターが商品のカラー展開を提案することもあります。

こういった場合はプロジェクトチームの一員としてカラーに関わる部分を担当することになります。

(一般的には、カラープランを立てることはデザイン作業の一部なので、デザイナーの仕事であることがほとんどです。
もしも商品企画などのカラーデザインをメインでやりたいのであればカラーの枠を越えてデザイナーを目指してみるのがおすすめです。)

カラーコーディネーターの仕事をするためには、まずは色彩検定か東商カラーコーディネーターの勉強をするのが近道でしょう。
同時に、どんな風に仕事をしていきたいか、イメージも膨らませてみてください。

 

カラービジネス・進路相談の関連記事を読む

カラーの進路相談はこちら

進路相談のお申込はこちら