コンテンツへスキップ

炭酸水のラベルの色使い

 

ここのところ
お酒の代わりに無糖の炭酸水を

よく飲むのですが、

 

炭酸水のパッケージデザインの色使いが

 

緑、青青、白白

アクセントは赤赤

 

というものが

ほとんどを占めていることに気づきました。

(レモン風味のものは +黄色黄色 。)

 

めずらしく赤赤 が全面に使われている

WILKINSONのものは

「刺激強め」がキャッチコピーです。

 

ミネラルウォーターのデザインも

緑、青青、白白 がベースのものが多いですが

 

よく見るとラベルは多色使いされていたり

自然を感じさせるものが多いです。

 

炭酸水のデザインは

スタイリッシュなデザインのものが

多いように感じます。

 

お酒の代わりに

炭酸水を飲んで満足できるのは

スパークリング効果だけでなく

色彩やデザインの効果も貢献しているのだと思います。

 

色彩学とアートセラピー*なないろラボ *
 にほんブログ村 健康ブログ アートセラピーへ 

JUGEMテーマ:色彩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です