コンテンツへスキップ

カラーのおすすめ本「色彩学貴重書図説」 北畠 耀/著

img_1851

色彩学貴重書図説」 北畠 耀/著

ニュートンやゲーテはもちろんのこと、マンセルやオストワルト、
その他の色彩学者が作成した色彩図が満載の、
図鑑のような、資料集のような本です。

日本の明治時代の小学生用の教科書に載っていたものとして、
プリズム分光の挿絵とか、
オーラソーマのカラーローズのような色相環が載っていてびっくり。
明治時代に、小学生が色彩学を学んでいたとは・・・。

色彩検定の1級を受ける人にも、カラーセラピーをやる人にも、
おすすめの1冊です。