カラーのおすすめ本「色彩学貴重書図説」 北畠 耀/著

img_1851

色彩学貴重書図説」 北畠 耀/著

ニュートンやゲーテはもちろんのこと、マンセルやオストワルト、
その他の色彩学者が作成した色彩図が満載の、
図鑑のような、資料集のような本です。

日本の明治時代の小学生用の教科書に載っていたものとして、
プリズム分光の挿絵とか、
オーラソーマのカラーローズのような色相環が載っていてびっくり。
明治時代に、小学生が色彩学を学んでいたとは・・・。

色彩学に興味がある人みなさんにおすすめの1冊です。

これ以前の カラートピックス の記事を読む

同じカテゴリーの記事

  1. カラーのおすすめ本「配色の教科書」

  2. カラーのおすすめ本『視力がぐーんと良くなる写真』

  3. カラーのおすすめ本「ビレン色彩心理学と色彩療法」フェイバー・…

  4. カラーのおすすめ道具「PCCSカラートーンサークル」

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031