コンテンツへスキップ

カラーを仕事にしたい人のための進路相談

カラーを仕事にしたいと思ったら

color-business1

一口にカラーの仕事と言っても、たくさんあります。

カラーコーディネーター(カラーコンサルタント)パーソナルカラーアナリストカラーセラピストカラー講師、色彩研究家、色材を作る仕事などなど。

カラーの仕事は、基本的に就職活動をして就く仕事ではなく、

個人事業主になったり法人を立ち上げて、自分で仕事を作りながらやっていく仕事です。

カラーに関わる仕事をしたいと思ったら、まずは

・カラーのどんなところに興味があるのか、惹かれているのか

・これまでどんな風にカラーと関わってきたか

・今やっていること(勉強・仕事)とカラーは関係あるのか、ないのか

・これからカラーでどんなことに関わっていきたいか

など、身近なところから掘り下げて考えていきましょう。

「カラーを仕事にできたらいいな」 と、思ったときが始め時です。

カラーの資格って必要?

shgkisaigaku_lesson

カラーを仕事にしたいと思ったら、まずは資格を取りましょう。

カラーの資格は国家資格ではないので持っていなくても開業できますが、これまでの私の経験では、

法人からお仕事を頂く場合は100%、個人のお客様からもけっこうな割合で、資格の有無を聞かれます。

資格は専門知識があることの証明書です。

とくに経験が浅く業界にも飛び込んだばかりのうちは、

①勉強した内容を使いこなすこと
②資格を持っていること

が武器になります。

たまーに企業やスクールから講師やコーディネーターの求人が出るときも、
必ずと言っていいほど、色彩検定もしくは東商カラーコーディネーターの資格保有者であることが応募条件になっています。

資格を持っていることで仕事を得るチャンスが増えますし、カラーの専門家として信頼して頂けるのです。

資格は、色彩検定は1級、その他の取りたい資格も最上級を目指しましょう。

例えば色彩検定の場合、表面的には2級までの基礎がわかっていれば十分に思えますが、1級は応用に役立つ知識です。

今の時代、基礎知識は誰でもどこでも知ることができる一般的な知識です。

仕事となるとどれだけ応用・活用していけるかがものを言います。

気持ち的にも、1級をクリアしたことが意外と自信になります。

もしもカラーを軸にして仕事をしていきたいのであれば、資格(最上級)は持っていて当たり前と考えましょう。

資格はやりたい仕事に最低限必要なもの、もしくはその仕事をしている人達が必ず持っているものだけで大丈夫です。(資格取得後もスキルアップとしての個人的な勉強はいつまでも続けて下さい)

資格を取った・その後は?

img_1757
「資格を取って、やる気は十分だけど、実際どう進めて行ったらいいかわからない」「お金を頂くほど自信はないし、今の仕事も辞められない」「本腰入れるタイミングがわからない」

これ 、スタートラインに立ったときに、とってもよくある悩みです。

この状態を長く引きずると、徐々に弱気になっていきますので、その前に行動を起こすこと。

資格を取ったあとは、

とにかく練習する、知識(引き出し)を増やす、経験を積む

これに尽きます。
具体的には、パーソナルカラーやカラーセラピーをやっていきたい人の場合は、

・誰にもやっていない人は、まず友達にやる
・友達に無料でできている人は、面識がない人を紹介してもらう
・友達に有料でできている人は、有料で面識がない人を紹介してもらう
・友達や紹介がネタ切れになっている人は、WEB集客やイベント出展を始める

など、現状から1歩踏み込んだ行動を起こすことが大切です。

なないろラボでは、資格を取ってからの相談にも乗っていますので、カラーを仕事にしていく上での心配事や悩みなどご相談下さい。

本格始動・ビジネスとして始めましょう

img_1734
お金を頂くことに少し慣れてきたら、ビジネスの意識を持ちましょう。

そして、副業から始めるのか、本業として始めるのかを決めましょう。

それを決めたら、具体的にどんな行動をしていけばいいか計画を立てましょう。

この計画は、カラーでお金を頂くための計画です。

この段階にくると、進路相談というよりは起業計画になってきます。

カラーは仕事にするには少し特殊で、他業種の起業セオリーが当てはまらないことも多々ありますので(2002年から色々試みてきての個人的な所感です)、
個人コンサルという形を取ってご相談に乗っています。

● カラーの進路相談●
初めての方 90分 10,000円
2回目〜  60分 10,000円
※学生さんは学割料金3,500円です。学生証をご提示下さい。
(恐れ入りますが社会人の学生さんは割引対象外とさせて頂いております。)
※これからカラーの勉強を始めたいというところからのご相談もOKです。

お申込み・お問い合わせはこちら