コンテンツへスキップ

オーラソーマ 106番の感想

106番、使い終わりました。

オーラソーマのボトルを使うときは、色やボトルの意味とともに
自分の心の内側を観る作業をするのですが、
106番は、ひなたにいる感じというか、すごく「光」に包まれる感じというか、
自分が「良くない」と思っている事柄を「良くない」と思わなくなる明るさというか、
そんな変化を感じました。

「光の中」で、自分がネガティブポイントだと思っていることを冷静に、
ネガティブだと思わずに別の視点から見れる感じ。
何も変化がない環境で、「俯瞰」で観ることを知る感じ。
これが、ボトルの説明にある「錬金術」なのかもしれないなーと思いました。

そしてこれで、オーラソーマのボトルを全部使ったわけですが・・・
達成感のようなものが、意外にもまったくありません。
ちょっとは「やった~」とか思うのかなと思ってたんですが。
セラピーは「完成」とか「達成」とか「ゴール」があるものじゃないので、ある意味当たり前なのかもしれませんが。

それでも、色の意味やボトルの理解は深まりました。

オーラソーマでは2番目に選んだものがセラピーボトルになるけど、
その条件にあてはまらなくても、興味を持ったボトルがあったら
どんどん使ってみてほしいです。

ボトルは悩みをすぐに解決するような魔法の道具ではないけど、
その悩みや問題に真剣に向き合っているなら、
なにかしら助けになることや導きになることが必ず得られるはず、なので。

なないろラボ 自分だけの色を探すカラーセラピー
09年7月に新ブログに移転しました。
Happy
Color.Labo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です