コンテンツへスキップ

オーラソーマ 37番:地上に降りた守護天使(ヴァイオレット/ブルー)


37番:地上に降りた守護天使(ヴァイオレット/ブルー)
 <主なテーマ>
 ・必要以上に重要に感じすぎている困難や責任を手放す
 ・役目を果たす
 ・平和を育み、守っていく
 ・自分自身を信頼し、自信という感覚を得る
 ・バランスをもたらすために、コミュニケーションする

今、使っているボトルです。残りの7本のうちの、ラスト4です。

このボトルは、「地上に降りた守護天使」という名前を持ちます。

「守護天使」は44番:ペールヴァイオレット/ペールブルーです。

この名前からもわかる通り、オーラソーマでは、
濃い色は地に近く、淡い色は天に近いという見かたもします。
濃いボトルを選ぶ人は、地に足がついている人、
淡いボトルを選ぶ人は、志が高い人、と言えるのです。
逆に言うと、
濃いボトルばかりを選ぶ人は、現実的すぎてフットワークが重くなっている状態、
淡いボトルばかりを選ぶ人は、地に足がついていない状態ともいえます。

37番の「地上に降りた守護天使」は、人を天使に見立てたネーミングでもあり、
「天から授かってきたもの(生まれもった使命)を地上で果たす」という側面と、
「(翼を持つ天使にとって地上は)生きづらい」という側面があります。
自分の役割がわからなくて苦しい、という人がよく選ぶ傾向もあります。

なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*
09年7月に新ブログに移転しました。Happy
Color.Labo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です