コンテンツへスキップ

オーラソーマ 7番:ゲッセマネの園

2008年の私のテーマは「7」ということで、今、オーラソーマボトルの
「7番:ゲッセマネの園(イエロー/グリーン)」を使っています。
もうすぐ使い終わるので、その前に。

世の中には、七日間、七惑星、七不思議、七変化、七福神、七草、七色、7つの音階など、
7つで1つのまとまりになっているものが色々とあります。
「7」は古くは聖書で神聖さを表す数字であり、神秘の象徴の数字でした。
カバラの世界では、7、14、21、28、35、42、49、56、63・・・・と続く「7の倍数」を、
重要な区切りの数字としています。

誕生数が「7」の人は、より良いものやより高いものを求める資質があり、
智恵、真理、精神、神秘などの要素を持ち、カウンセラーやコンサルタント、
セラピスト、教師、占師などの素質があるとされています。

ボトルネームの「ゲッセマネの園」は現在も訪れることができるキリスト
教ゆかりの地です。キリストが弟子の裏切りを受け、それを知りながら
逃げずに捕まった場所です。このエピソードを受けて、このボトルは
「自分自身への信頼を試す」ボトルとされています。
(オーラソーマ自体は、キリスト教やその他のどんな宗教とも一切関係ありません。)

コンサルテーションで2番目や3番目にこのボトルを選ぶ人は、
実際に大きな決断を迫られていて悩んでいることが多いです。

その年のテーマの数字のボトルは、その人の1年をサポートするボトルになります。
数字の出し方は簡単。
その年の西暦と誕生日の月日を一桁になるまで足すだけです。
たとえば、2月29日生まれの人は、

2 + 0 + 0 + 8 + 2 + 2 + 9 = 23

2 + 3 = 5

ということで、この人は「5」がテーマの数となり、
5番ボトルが今年のテーマボトルということになります。
5番の前に出た23番もおすすめのボトルです。

誕生数を出す場合は、実際に生まれた日の生年月日を一桁になるまで足します。
誕生日の数字を使ってボトルを選ぶ方法は、コンサルテーションを受けなくても
自分に合ったものを選べるスタンダードな方法なので、ボトルを試してみたい人や
コンサルテーションを受ける場所がない人という人は、ぜひやってみて下さい。

なないろラボ *自分だけの色を探すカラーセラピー*

カラーと生きる!カラーセラピスト養成講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です