コンテンツへスキップ

カラーセラピーの色の意味: ピンク -PINK- 桃色

ピンク、桃色の意味

ピンクは多くの人が
恋愛や女性の象徴として受け止める色です。

淡いピンクは人を安心させる色であり、
優しさ、柔らかさ、甘やかさを感じさせます。

基本的に赤と白でできる色なので、赤と関わりがあります。
赤との違いは、主張が強くないこと。

「実は・・・」「ひそかに・・・」「本当は・・・」という感じは、ピンクの特徴です。

 

ピンクが気になるときは、

・優しさや安心を求めている

・愛情を受けたい

・前向きな気持ちが高まっている

・わかってほしい

というテーマがあるときかもしれません。

 

--------------------------------------------------------------
カラーセラピーに戻る
ほかの色も読んでみる→こちら
カラーセラピーを受けてみたい→こちら
--------------------------------------------------------------